S.みか

ミニマリスト/Random note

スマホの外カメラやめてみる

f:id:katatsumurider:20220115105709p:plain

私S.みかは初めての場所に行ったとか、久しぶりに自炊をしたとか、本当に些細なことで写真を撮ってしまいがちです。そういう些細なことほど、記憶に残したいものです。でも、撮っちゃいます。そこに外カメラがついたスマホがあるから。

外カメラを使えないように

マスキングテープで覆う

そう、

 

スマホに外カメがついているのが良くないんです。

 

外カメの性能が良すぎるのが良くないんです。

f:id:katatsumurider:20220107204834j:image

カメラ部分までマスキングテープで覆ってしまえばいいんです(笑)

 

便利すぎる

過剰な機能は人間をダメにすることもあります。スマートフォンは便利な反面、多くの悪影響を人間に及ぼしているというのは有名な話です。スマホに自分の行動をコントロールされるのではなく、自分がスマホのコントロールをしていかないといけない。じゃないと、スマホの奴隷と化してしまいます。そんな意見に、私も賛同します。

 

粘着部分はスマホに触れないように

ちなみに、カメラのところはテープの粘着部分が付着しないよう、マスキングテープを裏から貼り合わせてあります。美しいiPhone本体を汚すのは嫌なので。結構オシャレな感じにできたんじゃないでしょうか。

 

前提条件

前提条件として、私が一眼レフカメラを所有しているということが肝になります。パシャパシャ簡単に撮影できる環境を断つことで、一枚一枚丁寧に、綺麗にカメラで残すようになるのではという考えがあります。

 

そして、一眼レフカメラで綺麗に残すほどでもない写真、スマホを頑張って裏返しながら内カメで撮るまでもない写真は、写真フォルダーに残らなくなります。

 

見えないところを整理する

見えるところだけ

小学生時代の私は、親に「部屋を片付けなさい」と言われたら、とりあえず引き出しや収納の箱に全部突っ込んでしまう人間でした。見える場所は綺麗に、隠れた場所は見ないふり。見える場所さえちゃんとしておけば良いという性格が丸見えな片づけ方をしていました(笑)

 

もちろん、そんな片付け方では瞬殺で散らかります。

 

見えない場所ほど綺麗に

中学で部活をはじめて、人が見ないところでいかにこだわるが試合の結果に直結することを学びました。勝負時のメンタルが違います。

 

高校生のときも、部活が終わって家に帰り、毎日マスコットバット(素振り用の木のバット)に重りをつけて素振りをしていました。その結果、引退試合で逆転ホームランを打つことができたというわけではないですが、物を握る力が異常に身に付き、高校3年生のときの体力測定では、握力測定で学年1番をとることができました。

 

見えないところでのこだわりが思わぬ結果につながることもあります。

 

とはいえ、もちろん見える場所をきちんとするというのは大事なことです。第一印象を覆すにはかなりの時間がかかると言われています。

 

スマホの中身も整理する

部屋を片付けると気持ちもスッキリします。スマホの中身も同じだと思います。今や毎日開くスマホ。部屋と同じで、アプリや写真フォルダーが整理されている方が、気持ちもスッキリするはずです。

 

しかしながら、撮りすぎた写真を消す作業は意外と時間を取られます。写真フォルダーを整理する労力を考えれば、撮りすぎないに越したことはありません。

 

おわりに

数日外カメ禁止にしてみた結果としては、本当に撮りたい写真があれば頑張って内カメで撮っちゃう(笑)

 

そして、iPhoneの音量ボタンでシャッター押せる機能がめちゃくちゃ便利ということに気がつきました。

 

とはいえ、外カメが使える時よりは、「本当に写真に残すべきか?」と少し考える時間を設けるようになりました。

 

大事な思い出は記憶にのこす。

 

スマホ(写真フォルダー)の中身まで整理する。

 

写真を撮りすぎないに越したことはありません。

 

ありだと思います。

 

外カメのないスマホ(笑)

 

【補足】QRコード問題

内カメ、QRコードが読めない……

 

 

(終)

スマホの外カメラは便利です。もしも一眼レフカメラを所有していなければ、外カメラ禁止は実践的ではないかなと思います。

 

2022年今年の抱負:身体強化“ムキムキ”

f:id:katatsumurider:20220105123419p:plain

あけましておめでとうございます!

S.みかです。

今年(2022年)の抱負を発表いたします‼︎

今年の抱負

身体強化“ムキムキ”

 

今年の抱負は

 

身体強化“ムキムキ”

 

に決定いたしました!

 

昨年の振り返り

昨年の抱負

ちなみに、昨年の抱負は

 

身体的健康

 

でした。 

 

昨年の抱負、達成度は90%と高めです。結果はともあれ、幻影とも言われる“健康”に向かって、自分なりに考え、行動することができたと思います。

 

大学4年間

 

“健康とは何か?”

 

考え続け

 

4年生、卒論を書き終わるころになっても

 

“健康を目指すべき理由”

 

が論理的に説明できず

 

でも身体が明らかに不調だと

 

“健康って大事だな”

 

と、理屈と感覚の乖離を感じながら卒業したのが昨年でした。

 

“健康”って、人生の進むべき方向を決めるための指標の一つなんだと思います。そして、“健康”の要素の中でも、最も指標としやすいのが“身体的健康”です。

 

昨年の抱負『身体的健康』はこのような感じで決まりました。

 

そして、今年はもっとレベルアップすべく『身体強化“ムキムキ”』に決定いたしました。

 

社会人になってから週2日ほどジムに通っています。でも、いつもランニングマシンで走ってシャワーを浴びて終わりです。器具の使い方が分からなかったり、めんどくさくなったりしてしまい、“ムキムキ”になるためのトレーニングは行ってませんでした。

 

悪いということではないです。なぜなら、昨年の抱負『身体的健康』は十分それで達成できるからです。

 

でも今年の抱負は『身体強化“ムキムキ”』です。ランニングに加えて、2種目ほどの筋力トレーニングを行うことを意識したいと思います。あと、器具の使い方をきちんとジムの人に聞く勇気も大事です。分からないものを分からないままにしていては成長は見込めません。

 

※「健康とは何か?」に関しては、別の記事を書く予定です。

S.みかの目指す場所

心のコンパスが示す方へ

「S.みか(あだ名)は何を目指しているのか?」と、よく聞かれます。

つまるところ僕らが生きるには 

感動以外何もいらない 

心をコンパスにして 

示す方へ赴くだけ

これは、C&Kさんの『終わりなき輪舞曲』という曲の2番の歌詞です。

 

S.みかの完成形(一番輝ける形)という名のゴールに向かって、S.みかが感動する方、自分の心というコンパスが示す方へ赴くのみです!

 

どこに辿り着くかはわかりません。今は見えなくともゴールはあると思っています。ゴールが見えない位置にあっても、ゴールの方向が分かって、走ることができれば、必ずゴールには辿り着けます。

 

2022年も

心をコンパスにして

示す方へ真っ直ぐ素直に赴いていこうと思います!

 

最後に

おわりに

このブログを読んでいただいたみなさん。そのお友達。またそのお友達。そのお友達ではない人も、みなさんの2022年が充実したものになりますように!

 

以上、S.みかでした!

 

終わりなき輪舞曲

やっぱり好きすぎるので、C&Kさんの『終わりなき輪舞曲』のライブ映像を貼っておきます。

YouTubeなのでWi-Fi環境にいない方はすぐに「×」を押してください


www.youtube.com

 

(終)

買うか、買わないか。【考える手順】【プリンター編】

f:id:katatsumurider:20211220160439p:plain

S.みかです。今回は、“S.みかはプリンターを買うべきか”の巻です。ちなみに、一つ前の記事はWord用紙一枚分ぐらいでしたが、今回は2枚分ぐらいあります。暇なときに読んでください(笑)

語義の整理

“プリンター”とは

さっそく本題。

 

例えば、“果物を買うべきか?”について考えるとします。この場合、何の果物かをはじめに決めておくことが必要です。ミカンは食べたい気分だけどバナナは食べたくない時もあります。また、バナナとマンゴーでは価格にも差がありすぎます。同じ“果物”のくくりでも、人によって、また場面によってその“果物”が指す意味内容は変わってきます。

 

はじめに“果物”とは何か、ある程度明確にしていなければ、答えが出ることはありません。ここでつまづくと、永遠に頭の中の毛糸が絡まって解けない状態になってしまいます。

 

まず考え始める前に、“プリンター”というものが何を指すのか、語義を明確にしていきます。

 

今回は、2種のプリンターに大別して考察を展開します。

 

①狭義のプリンター

文書を紙媒体にプリントアウトするための機械

 

※以下、プリンター(狭)

 

②広義のプリンター

⇒文書に加えて写真をプリントアウトしたりコピーをとったりする機械

 

※以下、プリンター(広)

 

あくまで、“プリンター”という語に一貫性を持たせることが目的なので、この説明が正しいというわけではないです。

 

「文書をプリントアウトするための機械を買うべきか?」という問いと、「文書や写真をプリントアウト、免許証などをコピーするための機械を買うべきか?」という問いとでは結論も変わってくる可能性があります。そのため、上記の2種のプリンターに分けて考えていきたいと思います。

 

論点をみつける

3つの論点

①プリンター(広)を買うべきか?

⇒×なら②、〇なら論点③へ

②プリンター(狭)を買うべきか?

⇒〇なら③へ

③どんなプリンターを買うべきか?

 

メリットデメリット(事実)の整理

プリンター(狭)があるメリット

①添削できる

プリンター(狭)がある場合、ブログの記事を添削することができます。また、ブログ以外でも何か文章を書くことがある際には、プリントアウトして添削することができます。

 

残すための文章を書く際には、慎重な添削が必須です。たとえ短い文章であっても、人を傷つけたり、不快な気分にさせることは簡単にできてしまうからです。もちろん、一つの文章が役に立ったり、救いになったりすることもあります。これを目標に書いている面もあります。

 

直接喋ってる中であれば、相手の表情や言葉から、ある程度内容や言葉遣いなどを修正することができます。場合によっては、喋るのを途中でやめることもできます。一方で、自分から相手への一方向のアウトプットであるブログは、相手を見ながら文章を修正したり、書くのをやめたりすることができません。したがって、とにかく添削を丁寧に行う必要があります。

 

添削の質を高めるためにプリンターを買うことは妥当な判断だといえます。

 

②家計簿、やることリストなどのプリントアウト

家計簿ややることリストなどをエクセルやワードで作成した際に、プリントアウトするこもできます。いつも手書きでのこして、自分でも何を書いているのかわからなくなっているので(S.みかは自分でも読み返す気にならないくらいメモが汚いです)、パソコンで作成してすぐにプリントアウトできるというのは便利だなと思います。

 

プリンター(狭)があるデメリット

①お金がかかる

金銭面のコストがかかります。Wi-Fi接続機能付きのものであれば、安いもので2万円代〜というところです。プリンターはもちろん、インク、用紙などが必要です。

 

②場所をとる

場所を取ります。基本必要でないものは持たない主義で、特に大きいものは増やしたくないです。部屋のどこに置いたとしてもプリンターほどの大きさになると部屋の見栄えは変わってしまいます。あと、掃除も少し大変になります。

 

③手放すのが大変

プリンターは一生涯使えるというものでもないので、手放す場面を想像する必要があります。きちんと使い古して、処分(リサイクル)するにしても粗大ごみととして出すのには手間がかかってきます。手放すのが難しい物の購入は、慎重に吟味する必要があります。

 

プリンター(広)があるメリット

プリンター(狭)と同じものは割愛します。

 

①趣味で撮った写真をプリントできる

これまで、気に入った写真をプリントする場合には、カメラのキ〇ムラまでバイクを走らせていました。でも、行くのめんどくさいです(笑)

 

家でプリントできると便利だなと思います。

 

②免許証などのコピー

何かしらの手続きをする際に、免許証やマイナンバーのコピーを提出することが求められる場合があります。コピー機能がついたプリンターがあれば、コンビニに行くのがめんどくさくて、手続きを後回しにしてしまうということがなくなります。

 

プリンター(広)があるデメリット

①プリンターが高い

趣味で撮った写真をプリントするとなってくると、“より綺麗に”プリントすることにだわるということになります。文書だけのプリントであれば色味やインクの質などに関してはオール無視して選ぶことができるので、コストを抑えることができます。でも、他のクオリティを求めていくと、高価な機械を選ぶことになりそうです。

 

ランニングコストが高い

インクにこだわり、プリント用紙(写真用の質の良い紙)にこだわり……

 

写真をプリントすればするほどランニングコストは高くなるといえます。

 

③写真をプリントしすぎてしまう

部屋に写真を飾らないので、プリントしても保管するのに困ります。印刷して、眺めて満足して「この写真どこに置こうかな……?(笑)」となる未来が想像できます。部屋には何も飾らないスタイルを貫こうと思っているので、写真が家の中にあるのはやっぱり困ります。(これまで、プリントしてしまった写真はアルバムに保管してますが、アルバムもできる限り増やしたくはないです。)

 

結論を出す

総合的に判断する

ここからが大事です。

 

①プリンター(広)を買うべきか?

総合的に判断して、写真をプリントすることは考えない、というよりは写真をプリントできないくらいの機器を買うのが良いと考えられます。自分にとって写真をプリントすることはあまりメリットが大きいと感じません。ランニングコストが高くなるリスクがあるのと、プリントした写真の置き場所に困る未来が想像できるからです。

 

写真を本気でやっている人は、“プリントした姿が完成形だ!”と考えるかもしれないです。この考えにS.みかは肯定的ではないです。カメラという機械を使って、パソコンやスマホの編集アプリ(ソフト)を使って、どのように自分の人生を充実させるかはその人次第です。お金を稼ぐ手段にする人もいれば、ペットや子供の写真をきれいに遺すために使う人、何か伝えたいことがあって芸術作品として写真を遺そうとする人。ただただ、美しい景色の前でシャッターを切るのが楽しい人。なんでもない街並みを、編集技術を駆使してとんでもない世界に変えてしまう人。いろいろな使い方があると思います。だから、スマホのフォルダーやSDカードから出さない写真があっても良いと思います。この世界にあるモノの扱い方に決まりはありません。より良い人生を送るために、その人なりにモノの能力を充分に発揮させることが大事だと考えています。

 

ということで、写真をプリントする前提でのプリンター購入は行いません。コピーに関しては、半年に一回使うか使わないかの頻度です。これぐらいなら、コンビニでもいいかなと思います。コピー機能はあってもいいし、なくても良いというところです。

 

②プリンター(狭)を買うべきか?

2万5000円のプリンターを買うとします。寿命が5年、インクなどのランニングコストが年間3000円とした場合、5年間で40,000円プリンターに投資することになります。

 

40,000円/5年

 

これを月割りにすると

 

約666円/月

 

一月に4記事上げるとすれば、1記事につき約166円黒歴史投稿のリスクを小さくできるということになります。

 

もちろん、お金なんてかけなくても、黒歴史記事を書かない能力があれば良いです。でも、ちょっと油断すると黒歴史投稿をする可能性があるのがS.みかです。弱点はお金で解決していくスタイルでいきます。社会人の特権です。ちょっとカッコつけましたが月額666円です。

 

買うか、買わないか。

買うか、買わないか。

 

買いまーす!

 

③どんなプリンターを買うべきか?

記事を書き始めてから、この投稿を上げるまでのタイムラグは約2週間です(笑)

 

その間に、買うプリンターが決まりました。

 

・黒が多く減ると思われるのでインクが独立している

・黒が顔料インクである(綺麗に印字できる)

Wi-Fi機能が使える

・条件を満たす中で安価

これらを満たしたのが「Canon TS7530」でした。EPSONもいいかなと思いましたが、色が鮮やかに出ると聞き、風景写真をプリントしてしまいそうだなと思い選択肢から外しました(笑)

 

なぜか「プリンター本体のみ」より、「プリンター本体+インクセット」の方が安い(2021.12現在)というのはAmaz〇nあるあるです(笑)

 

それはいいとして、納期が1~2か月というのが問題です。年末で一番需要が高い時期なのかと思いますが、これは当ブログの死活問題です。

 

はやく届いてくれるといいなぁ(笑)

 

プリンターが届くまでは、読み返し作業を10倍にして黒歴史投稿を全力で防いでいこうと思います。

www.katatsumurider.com

 

まだ終わってません!(笑)

注意点の整理

未来の自分へ

プリンターを手にした未来の自分へ。

 

置き場所に困るので、なんとなくで写真をプリントするのはやめてください(笑)

 

おわりに

考えるときの順序

①語義を明確にする

②論点をみつける

③事実を整理する

④結論を出す

⑤注意点の整理

大事なのは最後の注意点の整理かなと思います。メリットとデメリットを総合的に判断して出した結論なので、必ず今後の注意点があるはずです。今回の場合はプリンター費用を無駄にするリスクと写真をプリントしすぎるリスクが考えられます。

 

一度購入したプリンターは、売るにしても買った時の金額は絶対に取り戻せません。どうしようもないことは諦めが肝心です。5年は有意義に使うと、未来の自分を信じるのみです(笑)

 

写真をプリントしてしまうリスクを回避するには、自分で自分に言い聞かせる以外ありません。

 

写真をプリントするな、写真をプリントするな、絶対に写真をプリントするな……

 

唱えれば唱えるほどやりたくなるのが人間の性です(笑)

 

(終)

www.katatsumurider.com

※この記事はプリントアウト添削を行っていません。

感情と事実を分けて考える【8434円の学びとバイアスのお話 】

f:id:katatsumurider:20211209153801p:plain

S.みかです。8434円の悲しい学びから話を展開させていきたいと思います。Wordの用紙一枚分くらいの分量になってます。※1行当たりの文字数と行数によるというツッコミは受け付けていません。

8434円損失事件

事件

8434円の引き落とし。

 

事件です。

 

8434円

 

そう、はてなブログProの利用料金です。

 

はてなブログは無料版と、いろいろ(いろいろとはいろいろです)できる有料版のはてなブログProがあります。

 

このブログの初投稿は11月ですが、はてなブログProを契約したのは9月。引き落としまで3ヶ月のラグは考えられないので、利用料金は既に引き落とされ済みなはずです。

 

12月1日のクレカ明細

f:id:katatsumurider:20211204005319j:image

???

 

あれ、はてなブログProって年間の料金じゃなかったの?

 

と思ったのですが、調べてみるとやっぱり年間利用料金でした。でもそんな手作業で引き落とし作業してるわけじゃないし、はてな運営側のミスは考えられない。

 

と、よくよく記憶を遡ってみたところ、そういえば過去一度、はてなブログProを契約したことがあるのを思い出しました。振り返るのも恥ずかしい、黒歴史すぎて見て見ぬフリをしてたブログです。

 

いや、そんなことはないと信じたかったのですが、はてなブログPro、自動で契約更新されるんですね(;_;)

 

ついつい、自転車とかバイクの保険みたいに、契約更新手続き的なものがあるのだと思っていました。思い込みは良くないです。

 

残念ながら一度契約更新してしまったはてなブログProは返金対応はしてもらえないみたいです。忘れてたのが悪いんです。反省反省。

 

解約忘れを未然に防ぐために、サブスクとか含め、月額・年額料金が発生している契約は定期的に整理することが大事そうです。

 

 

感情は±0じゃないお話

バイアス

話が135度ほど変わります。

 

学生時代“バイアス ”というワードが好きな先生がいて、みんな「また言ってんな〜」って感じで流してましたが、面白そうだったのでコソコソとバイアスについて調べてました。バイアス について学ぶと面白いです。

 

先月の給料より今月の方が残業代分8434円多かった(*^o^*)

ところが次の日、ブログの解約を忘れて8434円失ったことに気づいた(;_;)

 

8434円を得た時の嬉しさと、解約を忘れて8434円失った時の絶望感を天秤にかけると、圧倒的に後者の方が重たいです。心理的には得る時の喜びよりも失う時の絶望感の方が大きく感じる、この偏りがバイアス(損失回避バイアス )です。

 

+8434円

−8434円

=0

 

のはずなのに

 

+8434円多く得られた時の喜び

−8434円失った時の絶望感

=(;_;)

 

バイアス分、ポジティブな感情とネガティブな感情の間に差が出ています。8434円増えて減ったという事実同士では±0でも、感情の方は打ち消されません。

 

落とし込み

バイアスについては軽く検索するだけでたくさん出てきます。バイアスを中心に扱ってる本もよく書店で見かけます。

 

だけど、知ったところで知り流してては意味がないです。この心理を自分の生活に落とし込み、良いように利用することが大事です。

 

こんな感じで利用するのはどうでしょうか。

 

「使わないブログに8434円流されて損した〜(涙)」「黒歴史ブログを覗かれてて恥ずかしかった〜(涙)」という経験をした。でも、それはバイアスが大きくかかっているだけで、自分が思ってる以上に現状は悪くないのかもしれない。事実だけ見れば、8434円が預金口座から減っただけ。過去の自分が書いた記事を読んでくれただけ。何も悪い事実はない。頭が勝手にネガティブなバイアスを加えてるだけ。

 

こう思えれば最強です。

 

 

ネガティブ体質

ネガティブな気分の時ほど、「これはバイアス だ〜」と言い聞かせることの効用は大きいです。

 

私はどっちかと言えばネガティブ体質です。すぐ損した気分になるし、すぐ恥ずかしくなるし、すぐ不安になります。でも、バイアスの存在を知っているだけで、“自分が想像してるほど現状は悪くない”と、自分の過剰なネガティブ気分の方を疑うことができます。

 

「あっ、これはもしかしたらバイアスかも!」と思えたら勝ちです。あとは、今自分にかかっているバイアスを分析していくだけ。冷静に現状が見えてきます。

 

あ、でもたまに本当にヤバい時もあります。朝目を覚ますと出勤時間だった。まだ実際になったことはないですが、こういう場合はバイアスではありません。ガチでヤバいやつです(笑)諦めが肝心という言葉もありますが、とりあえず急いだ方がいいです。 

 

(とはいえ、遅刻したって人生終わるわけではないので大丈夫です◯)

 

要するに、

ヤバいヤバくないの答えは、頭の中の気分ではなく、現実世界に正解があるはず

ということです。

 

目を覚ましたら出勤時間という場面はほとんどの場合ヤバいですが、解約を忘れて8434円を失ったのはどうでしょうか?ヤバいでしょうか?まぁ、貯金が一桁万円以下だったらヤバいかなと思います。

 

おわりに【主観の世界-身体-客観の世界】

私たちは身体を隔てて、主観の世界と客観の世界の両方の世界を持っています。客観の世界で起きたことはただの事実です。でも、客観の世界で起きたことは、目や耳や肌や筋肉などを通して脳に届きます。脳に情報が届き、無意識の偏った解釈(=バイアス)が加わって主観の世界が生まれます。

 

したがって、主観の世界にはいつもバイアスがかかっているといえます。でも脳の中で機械的に起こっていることなので、バイアスは知ってないとなかなか気づけません。

 

でも、気づけたら完全に勝ちじゃないですか?世のネガティブに感じる出来事は全て自分の中で生じたバイアスだと思えばいいです。ネガティブ体質だと強く自覚しているほど、バイアスを大きく疑うことができ、ポジティブになれます。

 

こういう思考の人間をネガティブ人間と呼ぶのかポジティブ人間と呼ぶのかは知りません。

 

とはいえ、8434円あればネットカフェに3泊できるなぁとは考えちゃいますね(笑)

 

(終)

※「まぁ大丈夫でしょ!」という過度なポジティブ思考はバイアス(正常性バイアス )がかかってる可能性があります。あくまで、現状を冷静に分析することが大切だと思ってます。

※客観の世界が存在することの証明は難しいですが、S.みかは客観の世界が存在するという思想で生きております。

※この手の思考開示系投稿は黒歴史になるリスクが高いです。記事が消えてた場合は、お察し願います。

 

黒歴史ブログを防ぐために-6つの戦略-

f:id:katatsumurider:20211203120303p:plain

S.みかです。今回は、このブログを恥ずかしい黒歴史ブログにしたくないので、どうすれば恥ずかしいブログにならないか、真剣に考えていきます。

黒歴史ブログを書かないために-7つの戦略-

長文にしない

長文にすると推敲が大変です。読み返して修正するのがめんどくさくなって、「ま〜こんなもんかあげちゃえー!」って言いながらあげて、あとあと後悔します。

 

インスタグラムで黒歴史投稿が少ないと感じるのは、文章の短さにあるような気がします。

 

特定の人に向けて書かない

友達には話せるけど上司には話せないことってあります。上司には話せるけど家族には話せないとかも人によってはあると思います。

 

一人でも自分の記事を読んで不快に思う人が身近に想像できたとしたら、それは書かない方がいいかなと思います。

 

とはいえ、大衆に向けて文章を書く時のコツは、身近な誰かを想像し、その人に向けて書くことだと言われます。独りよがりの文章になることを防げるからです。

 

まずは身近な誰かを想像して書き、その後「この人が読んだら?」「あの人が読んだら?」と、いろいろな人が読むのを想像して読み返すというのが良いように思います。

 

盛りすぎない

喋りがうまい人って、必要のない部分を削って面白いところを盛って喋ります。話を面白くするというのは、相手への配慮です。だから、ある程度の話の盛りは良いことだと思っています。

 

でも、どっちかというと私は喋り上手ではなく、普段ちょい盛りは意識してますが、あまり盛って話す方ではないです。

 

普段あまり盛らない人間が、文章を書く時だけ盛ってしまうと「盛りすぎた〜」って後悔しそうです。

 

普段しゃべるくらいの話の盛り具合で書くのが良さそうです。

 

文章に気分を交えない

起こった事実をポジティブに捉えるかネガティブに捉えるかは、気分に左右されます。起こった事実は変わりませんが、気分は簡単に変わります。

 

記事を書いている時の気分を文章に反映させてしまうと、後から「なんでこんなネガティブなん?」と自分で読んで恥ずかしくなってしまいます。

 

ポジティブな気分は多少反映させても良いと思いますが、ネガティブな気分を文章にしてまうと、後から恥ずかしくなる可能性が高いです。

 

その時の感情を記録したり、頭を整理したりという目的であればネガティブな感情を文章化するのは良いと思います。ただ、長期的に残す、かつ誰もが見られる場所に文章を残すのであれば、ネガティブな気分は文章に反映させないことが無難だと言えます。

 

プリントアウトする

卒論を執筆してたときに使った手法です。

 

プリントアウトのメリットは2つあります。

①添削しやすい

②必然的に時間をおける

 

①添削しやすい

紙媒体にボールペンで書き入れるやり方が、私の場合一番添削がしやすいと感じます。とはいえ、タブレット端末で添削をしたことがないので「紙での添削が最強!」とは断言できないです。大学時代、iPadproを駆使して卒論を執筆していた友人もいました。タブレット端末でも同じクオリティ、もしくはそれ以上の添削ができるのかもしれないです。

 

どちらにせよ、書き込むタイプの添削は、黒歴史投稿を防ぐうえで必要だと考えています。

 

②必然的に時間をおける

私はモノを買うときには直感で買わないように意識しています。瞬間的に「欲しい!」と思って買ったモノを、それほど時間が経たずに手放してしまった経験が何度もあるからです。

 

モノを買う時と同様、文章を書く時も直感は当たってないことが多いです。書いたときは「良い文章が書けた!」と思うものですが、数時間、数日経って読み返すと「この文章の何が良んだ?」とハテナマークが浮かんでしまうことはよくあります。

 

プリントアウトの手間を入れると、必然的に時間をおいて読み返すことができます。「必ずプリントアウトする」をマニュアル化すれば、黒歴史投稿を防げる可能性は高まりそうです

 

最低10回読み返す

黒歴史投稿を防ぐには、時間をおいて何度も読み返すことが重要だと考えられます。

 

100回以上読み返し、添削を繰り返した卒論は、長い文章でありながら黒歴史論文にはなっていません(今のところ)。

 

何度も読み返して一つ一つの記事の内容を明確に記憶しておけば、後から自分の考えや事実の誤りに気づいたとき、すぐに補足や訂正をすることもできます。

 

優秀賞をもらえた卒論でも、あの内容は削って良かったなとか、ここは説明が足りてなかったなとか今でも思うことはあります。でもそれは、自分が書いた内容を明確に記憶しているから思えることです。

 

卒論と違って、ブログは後からでも気が付いたときに補足とか訂正ができます。何回も読み返して、書いた記事の内容を頭に焼き付けておくメリットは大きそうです。

 

一切のバズりたい欲を捨てる※追記

バズりたいがために思ってもないことを書いてしまう。これが一番危険かもしれません。

 

一切のバズりたい欲を捨て、後から自分が読んで、良いと思える文章を書くことに徹することが大事な気がします。

 

まとめ

黒歴史投稿だけはしないぞ

せっかく書くブログ、多くの人に読んでもらいたい気持ちがないといったらウソになります。

 

でも、どれだけ多くの人に読まれても、盛りすぎて恥ずかしくなったり、考えの浅い内容で恥ずかしくなったりして、黒歴史ブログになってしまってはおしまいです(笑)

 

たとえ多くの人に読まれることがないとしても、自分が振り返って「良いこと書いてるな〜」とか「この記事好きだな〜」と思えるブログにしていきたいです。

 

そして今の目標は“1人”自分のブログを楽しみにしてくれるファンをつくることです。

 

2万円で黒歴史が防げるなら

プリンター持ってないです(笑)よく大学卒業できたなと思います。

 

安いもので1万円〜2万円くらいで買えるので、コンビニに行く手間も考えればプリンターを買うのが良さそうです。2万円というお金は、収入の割合から言って安いとは言えないですが、それでも黒歴史ブログを2万円で防げるなら“全然あり”な出費かなと思います。

 

ただプリンターを買うデメリットとしては、趣味で撮った写真をプリントしたくなりそうだということ。写真プリント用の紙を買ったり、質の良いカラーインクを買ったりすればランニングコストは安くないです。

 

また、写真を見るのは好きですが、飾りはしないので、プリントしたはいいものの写真の置き場所に困る未来が想像できます。写真はプリントしないと決めてしまえばよいのですが、なんせ意志が弱い人間なので、プリンターがあったらプリントしちゃいそうです。

 

ん〜、プリンターは検討します(^^;)

 

(終)

※この記事はプリントアウト添削を行っていません

www.katatsumurider.com

 

 

S.みかのプロテイン歴

f:id:katatsumurider:20211129184911p:plain

S.みかです。今回(と言っても2記事目ですが)は、S.みかのプロテイン事情について。

プロテインが苦手

トマトが嫌い、牛乳が嫌い、ピーマンが嫌いなど、どうしてもこれが食べられないというものが人それぞれあると思います。その嫌いな食べ物の中に、私の場合プロテインがあります。

 

プロテインは日本語でたんぱく質を意味しますが、今回のプロテインは筋トレする人が良く飲む、あのプロテインのことです

 

私の場合、ほとんどのプロテインは苦手ですが、その中でも飲めるプロテインもあります。

 

今回の記事は、筋肉はつけたいけどプロテインが苦手な私が、飲めるプロテインと飲めないプロテインについて語る記事です。

 

S.みかのプロテイン

beLEGEND、激うまチョコ風味

これは高2ぐらいのときに飲んでいました。どうやらたんぱく質というものを摂取すると筋肉がつくらしいと知ったのが高校生のときでした。はじめてのプロテインだったのでネットの評価を見ながらコスパの良いものを選びました。

 

パッケージに“激うま”と書いているくらいなので、普通のココアぐらいの感覚で飲めるものと思って買いましたが、一口目はなかなか飲み込めませんでした(笑)

 

牛乳で溶かし、鼻をつまんで息をせずに飲み切り、最後に別のドリンクで口をゆすぎつつフィニッシュするという作戦で一袋飲み切った記憶があります。

 

ここで一つ言っておきます。決してbeLEGENDのプロテインをディスっているわけではありません。はじめは安いプロテインだからまずいのだと思っていましたが、ただ私がプロテインが苦手すぎるだけです。

 

beLEGEND、南国パイン風味

レモン風味のスポーツ飲料のようにさっぱりと飲めるかなと思い買ったのが、同じbeLEGENDの味違い、南国パイン風味。この手のプロテインは水で飲めるかと思いましたが、水で溶いたものはプロテインの風味が直でくるのでやっぱり無理でした。

 

口に合わないプロテインの飲み切り方は激うまチョコ味と同じなので割愛します。でも、激うまチョコ味も南国パイン味も美味しいという声があるのも事実です。この辺りで、どうやら自分はプロテインが苦手なのだと察しました(笑)

 

SAVAS、グレープフルーツ味

ここで奇跡の出会いをします。アルバイトを始めてお金にも余裕が出始めた大学一年生のとき。プロテイン界で有名な、あのSAVAS(ザバス)なら飲めるのではと思い買ってみたところ、飲めちゃいました(笑)

 

そして、これが今、苦しまずに飲めるプロテイン3つの中の一つです。

 

しかも、これは水で飲めます(笑)わざわざ牛乳を買う必要がありません。ただ最近の悩みは、このプロテインがなかなか店頭で手に入らないということです。薬局やドンキなどいろいろ見るのですが、ここ最近並んでいません。廃番になるのではないかとびくびくしています。

 

SAVAS、200mlパックのプロテイン

これも、今私が飲めるプロテインの一つです。ココア風味、ミルクティ風味を飲みましたがどちらも美味しかったです。他にも味の種類はありますが、飲まず嫌いしてます(笑)

 

自分で粉を溶かして飲むタイプより割高なので毎日は飲みませんが、粉を溶かして飲むタイプのどのプロテインも無理だったという方は一回試してみるのはアリだと思います。200mlなのでダメだった時の金銭的リスクが小さいです。他の味を飲まず嫌いしている私が言うのも変ですが、試す価値はあると思います(笑)

 

SAVAS、バナナ味

SAVASのグレープフルーツ味と200mlパックのココア風味、ミルクティ風味が美味しかったことで調子に乗って味を気にせず選んだ結果、撃沈したのがこれです(笑)

 

もう一度ことわっておきますが、自分がプロテインが苦手なだけです。バナナ味をディスっているわけではありません。現に、このプロテインは飲み切れずに後輩Y君に譲ったのですが、美味しいと言っていました。

 

SAVASなら何でも飲めるというわけではないことを知ったのが、このバナナ味でした。

 

SAVAS、ココア味

同じSAVASでも味はちゃんと選ばねばと思い、200mlパックで美味しかったココアをチョイス。残念ながら、これもY君に譲ることになりました。

 

やっぱり粉を溶かして飲むタイプのプロテイン(通常のプロテイン)は苦手なようで、グレープフルーツ味が飲めたのが奇跡だったようです。

 

バナナ味とココア味は同時にY君に譲ったのですが、「混ぜて飲んだらチョコバナナでしたよ~!」と報告をいただいたので、本当に自分の味覚とプロテインの相性が悪いだけなの思います。混ぜて飲むとチョコバナナらしいので、どちらのプロテインも好きという方は是非やってみてください(笑)

 

SAVAS、ジュニアプロテイン、マスカット風味

グレープフルーツ味が店頭から消えていったタイミングで危機感を感じ、飲めるプロテインを探さねばと思い購入したのがジュニアプロテインマスカット風味。これも飲めました。

 

ただ、ジュニアプロテインというだけあってだいぶ甘いです。水の割合にもよるかもしれないですが、甘いと感じました。あと、ジュニアプロテインの最大のデメリットはコスパが悪い点です。通常のプロテインと比べると、かなり高いです。

 

もしも、万が一グレープフルーツ味が廃番になるようなことがあれば、ジュニアプロテインにお世話になるのもありかなと考えています。

 

ALPRON、グレープフルーツ風味

SAVASのグレープフルーツ味が美味しかったので、これもいけるのではないかと思い買ってみましたが、飲めませんでした。あくまでプロテインが苦手な私の感想ですので、飲める人は美味しく飲めるのだと思います(笑)

f:id:katatsumurider:20211125162916j:plain

ALPRON グレープフルーツ風味

おわりに

ディスってるんじゃないんですよ(笑)

誰でも自分が作ったものや、自分が良いと思ったものがディスられると良い気はしないです。これまで紹介したプロテインが悪い製品であるというのではなくって、あくまでS.みかという一人間が飲んだ味の感想です。人間同士でも、人間と食べ物でも相性というものが必ずあります。どちらかが一方的に悪いということではありません。ご理解いただければ幸いですm(__)m

 

現状

ぶっちゃけ、近頃プロテインはたまにしか飲みません。ジムには仕事終わりに行くのですが、仕事前に容器に粉を入れて準備し、帰ってきたら洗うというがめんどくさいからです(笑)

 

それでもたんぱく質は不足しない方が良いので、また飲み始めようと思っています。準備と洗うめんどくささを解消できるのは、4番目に紹介した200mlのパックのプロテインです。

 

しばらくは、このSAVASの200ml、ココア味でたんぱく質を補っていこうと思います。

 

※今回プロテイン紹介の記事になってしまいましたが、S.みかのブログは商品紹介系ブログにする予定ではないので、たぶん次回は全く違う書きたいことを書きたいタイミングで書いていると思います(笑)

 

 

(終)

www.katatsumurider.com

 

S.みかの自己紹介

f:id:katatsumurider:20211129132022p:plain

S.みかの基本情報

性別:女子

自己紹介でまず紹介するのが性別であってるかわかりませんが、性別は男女で言うところの女です

 

とはいえ趣味とか好みとかは男よりです(笑)

f:id:katatsumurider:20210923221954j:plain

子供みたいですが23歳(撮影当時21歳)の大人です(笑)

 

趣味:自転車、カメラ、筋トレ

よくいる〈自転車〉×〈カメラ〉好きの一人です(笑)

 

大学一年生の7月にはじめてロードバイクを買ったので、ロードバイク歴は約4年(2021年7月時点)。大学時代は沖縄にいたので、ツール・ド・おきなわの50キロコースをよく一人で走っていました。

 

一眼レフカメラは大学二年生の夏に買ったので約3年です。風景を撮るのが好きです。

 

幼少期から体を動かすことが大好きで、週4日は体を動かさないと生を維持できない体質です(笑)スポーツジムの月会費は安くはないですが、「筋トレとランニングが幸福への道」と信じてやまない筋トレ教信者の一人なので解約しません。布教はしないので(たぶん)ご安心を。

 

f:id:katatsumurider:20210922193952j:plain

 

 

住んでるところ:広島→沖縄→愛媛

出身は「じゃけぇ」の地、広島です。大学が沖縄にあったので、4年間沖縄に住みました。今は仕事で愛媛にいます。

 

ミニマリスト

ミニマリストです。

 

ミニマリスト、おすすめです。お金もなくならないし、部屋の整理も掃除も楽です。

 

またどんな感じでミニマリストなのかも発信できればと思っています。

 

というわけで、ミニマリストです

 

f:id:katatsumurider:20210922213109j:plain

 

鳥と豚は食べないマイルール※追記 

忘れてたので追記。

 

基本、牛肉しか食べません。理由は、サッカーというスポーツで手が使えないのと同じくらい特に意味はありません。なんか、制限がある方が面白いというか、意味のないことにこだわるのが好きというか、そんな感じです。

 

頑なに食べません(笑)

 

趣味じゃないもの※追記

さきほど、趣味は自転車、カメラ、筋トレと書きました。でも、コロコロ趣味が変わる人間です。だから「これが趣味!」と言うより、「これは趣味ではありません!」というものを紹介する方が、適切な趣味の紹介になる気がします

 

【これは趣味ではありません!2021年現在

・釣り・ゲーム・サッカー観戦・ドラマ鑑賞・楽器系・ゴルフ・登山・料理・外国語・プログラミング・競馬・パチンコ・ガーデニング(番組を見るのは好き)・絵描き・体幹レーニング・車・バイク(乗るけど)・ブランド物を調べる(時計を除く)・計画・湯船に浸かる・ダイエット・食べ歩き・お肌の手入れ・理系・洗濯干し・洗濯たたみ・スポーツ観戦(ソフトボールを除く)・コレクション・ニュースを見る・服(ズボンと靴を除く)・キャンプ・固定ローラー・食器洗い

 

じゃぁこれは趣味なんかな〜?って思ってもらえれば良いと思います。

 

ちなみに、趣味じゃないものには2種類あります。やってみて趣味じゃないと気づいたものと、やったことがないから趣味じゃないものです。後者に関しては趣味になる可能性を秘めているといえます。ですので、趣味じゃないものでも誘ってください(笑)

 

趣味じゃないものは随時更新したいと思います。

 

おわりに

書きたいときに書きたいことを書くブログ

ブログの開設は初めてではないですが、大人になったことだし、後から読んでも、誰に読まれても恥ずかしくないブログにしたいということで、今となっては恥ずかしい黒歴史ブログを消去しこちらを開設しました(笑)消しちゃったのはちょっと後悔してます。黒歴史ブログを消してしまうという黒歴史がまた追加されてしまいました。

 

過去の行動や書いた文章が黒歴史になるというのは、自分が成長している証でもあります。その時一生懸命考えた結果なので、振り返ってあの時はそんなこと考えてたな~と思うのは良いのですが、やっぱりそれを他人に見られると恥ずかしい(笑)

 

今回のブログは10年後の自分が読んでも、友達に読まれても、親や上司に読まれても恥ずかしくないよう細心の注意を払って書く予定ですが、たぶん恥ずかしかなります。スッと記事が消えていたら察してください(笑)

 

このブログはS.みか(私)が書きたいときに書きたいことを書くブログです。有益な情報を提供したいという気持ちはありますが、専門的な知識とかはYouTubeや専門家のブログを見る方が圧倒的にメリットが大きいと思います。

 

ただ、需要はなくても供給するスタイルを貫こうと思っています(笑)

 

まとめると、“S.みか”という人物が書きたいときに書きたいことを書くブログですよ~ということです。

 

アドバイスやご意見などあれば、コメントしていただけるととても喜びます。

 

 

以上、“S.みか”の自己紹介でした! 

よろしくお願いいたします(*'▽')/

 

 

(終)